四十九日法要まで

四十九日法要

四十九日法要

  • お世話になった皆様への御礼挨拶
  • 菩提寺と法要・納骨打ち合わせ
  • 位牌・仏壇・仏具等の準備
  • 墓地・墓石の準備
  • 忌明挨拶状・香典返しの準備

この後、納骨式・会食といった流れになります。

四十九日法要までの流れ

初七日 しょなのか(7日目)

二七日 ふたなのか(14日目)

三七日 みなのか(21日目)

四七日 よなのか(28日目)

五七日 いつなのか(35日目)

六七日 むなのか(42日目)

四十九日 しじゅうくにち(49日目)

七七日 満中陰 まんちゅういん

百ケ日 ひゃっかにち(100日目)

仏教では人が亡くなってから浄土へ行き、故人が仏様となられるまでの間を中陰と呼び、 その期間が49日となっています。
この間は7日ごとにお寺様にお参りいただき「忌日法要」を行います。
初七日以降、二七日、三七日、四七日、五七日、六七日の忌日法要の後、四十九日(忌明け、七七日)法要を営んで満中陰となります。

◆四十九日までのおまつり

花屋仁助では、四十九日までのおまつり諸用具を用意し、飾り付けをいたします。
忌明け後に、片付けに伺います。

四十九日までの新仏にお供えするお膳は、毎日取り替えてお供えします。
お花は枯れたら取り替えます。

四十九日まではお線香、お灯明を絶やさないようにします。
電気ろうそくなどを使用すると安全です。(※宗派によって異なります。)

◆忌明け

忌明け法要は、親戚縁者を招き、お寺様にお参りいただいて、故人の成仏を祈ります。
その後、皆様と故人を偲びながら会食となります。

忌明け法要につきご不明の点がありましたら、花屋仁助までご相談ください。

◆香典返し

香典や供物をいただいた方々にお返しをいたします。
香典返しの金額は、いただいた金額の半返しくらいが一般的な目安とされています。

もしもの時は…すぐにお電話ください。
病院から専用車でお送りいたします。
また、病院から直接、式場にご遺体を安置することができます。

もしもの時の心得

 
ご用意はできていますか?
事前の確認事項
葬儀の流れ
危篤・ご臨終
お通夜
葬儀・告別式
出棺・火葬~ご遺骨安置
葬儀後~法要まで
その他準備・手続き等
ご臨終からお通夜までに
葬儀での役割について
もしもの時の挨拶集
お葬式後の手続き