葬儀での役割について

葬儀では多くの弔問客に対応するために役割分担を行います。
どのような方々に、どんなことをしてもらうのか、それぞれの役割の内容をまとめました。
打ち合わせなどにお役立てください。

ご喪家

ご喪家

喪主

御喪家の代表として葬儀及び法要を主催します。
一般的には故人の配偶者、もしくは子どもなど、家督を継承する人が喪主となります。
弔問客の相手や、会葬者に対する挨拶を行います。

世話役

世話役

葬儀委員長(世話役代表)

僧侶のもてなしや弔問客への挨拶など、忙しい喪主や遺族に代わり、私たち花屋仁助と打ち合わせを行い、世話役の役割分担を指示するなど、葬儀全体の進行をまとめます。
ご喪家の方々としっかり話し合い、満足のいく葬儀を行なうためにも、親族をはじめとする故人やご遺族と縁の深い方が、葬儀委員長に選ばれます。

会計係

香典をはじめとする金銭の出入りすべてを管理し、出納帳に記録します。
一般的には、喪主に近い近親者を含む二人以上で行います。

受付・下足係

受付

記帳・香典など、弔問客の受付を行います。葬儀の規模により人数が異なりますので、私たち花屋仁助にご相談ください。
靴を脱ぐ会場では下足係も必要となります。

賄い係(数名)

通夜や法要などの飲食の準備や、ご喪家の家事手伝いを行います。
一般的にはご喪家もしくはご親族の女性が賄い係となりますが、近隣の女性が手伝う地域もあります。

留守番

近年は留守番を置かない場合もありますが、誰も居ないご喪家を狙う空き巣による被害も心配です。戸締まりは念入りにしましょう。

ご通知係

ご喪家がお住まいの町内へお知らせを行います。
詳しくは私たち花屋仁助、もしくは町内会長にご相談を。

もしもの時は…すぐにお電話ください。
病院から専用車でお送りいたします。
また、病院から直接、式場にご遺体を安置することができます。

もしもの時の心得

 
ご用意はできていますか?
事前の確認事項
葬儀の流れ
危篤・ご臨終
お通夜
葬儀・告別式
出棺・火葬~ご遺骨安置
葬儀後~法要まで
その他準備・手続き等
ご臨終からお通夜までに
葬儀での役割について
もしもの時の挨拶集
お葬式後の手続き